読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#スターシステム

 

スターシステム、すげーわ。

 
 
 
6月13日、
第2回大川さんのスターシステム
選ばれたのは、
 
中川 祐輔さん。
 
ちょうどその日、井戸さんが経営されてるお店「渋谷店 ぬくぬく屋」で大井戸塾でのリアルイベントもあり、そこでのスター発表でした。
その時僕はvictoria in Canadaでその瞬間には立ち会えなかったけど、Facebook経由でもその熱気は約7500kmの海をも超えて伝わってきてました。
しかもその発表の時、選ばれた中川さんはあまりにも嬉し過ぎて、涙したみたい。
 
 
 
分かる。
 
 
中川さんとは3カ月前に大川さんの呼び掛けでin Shibuyaのお寿司屋さんに集まった時、隣どうしで座っていました。その時中川さんが大川さんに質問し、その質問の返答に二人で一緒に唸ってました。まるで同じ教室で机を隣り合わせして学んでたように、勝手ながらその時から中川さんに親近感を持たせてもらってました。
そんな中川さんが、スターシステムのスターに選ばれ、涙したという...。
 
分かる。
超嬉しいですよね。
victoriaからでもその光景は目に浮かびました。なんか感動しちゃいました。
 
それから中川さんのスターstoryが始まり、
そのstoryをFacebook上で共有してくれてます。
 
そして本日7月4日。
スター中川さんから中間報告ということでFBで共有してくれた内容を見て、手が震えました。具体的に事業が進んでいく速度にももちろん驚きですが、何より井戸さん、大川さんがスター対して本当に真剣に全力で向き合ってサポートしてくれてることに。
塾生は月1万円払えば自由にこの塾に参加出来て、そこにはもちろん義務とか強制なんてのは全くないし、参加したければしたらいいし、見るだけでもいいし、いつでもやめていいしというぜーんぶ自分で決めれる気軽さがある。
にも関わらず、井戸さん、大川さんは全力になってくれる。
スターの今後の努力が実るように、
まるで風前の灯火だったこちらの情熱の火を、再び灯してくれるような。希望を与えてくれるような。そんな風に感じました。
言葉だけじゃないねんで?
行動もセットやで?
 
マジかっこいい。
そんな大人、超かっこいいな。
 
なので投稿内容を読んだ時は電車の中で、瞳孔開いたのが自分でも分かりながらスゲー...とニヤニヤしてたから周りの人はちょっと引いてたけど、なんなら「あんさんも読んでみーよ」っておすそ分けしてあげたかったくらい胸に熱いものを感じました。
victoriaから帰ってきて日本のTV番組を見た時に、「なに...これ。30年間オモシロイと思って見てたのっていったい...」って絶望してたから、このスターシステムのノンフィクション超リアルstoryは、自分にとってはそれに置き換わる以上のもんやった。
 
 
 
 
大井戸塾。
経営者として言うまでもない実績を残されてる井戸さん、大川さんのビジネスの考え方を少しでも学べたらいいなーという気持ちで参加して、9カ月。
そんな中で突如現れたスターシステム
僕はまだ応募してなくて、選ばれたスターを眺めてるだけやけど、このスターシステムに巡り会えた僕はラッキーな男、ラッキーマン
あんなに楽しそうに水を得た魚のようにピチピチ活き活きしてるスターを見てたら、このシステムの半端なさは去ることながら、人生って誰かとの出会いでむっちゃ楽しくなんねやなーってことがすんごい伝わってきます。
見てるだけでこれやったら、選ばれたスター側になったら、もっともっとおもしろいんやろなー。
 
 
 
スターの扉は定期的に開かれる。
もし自分がスターに選ばれたら....と
ニヤニヤしながら、次回のスターには!!と胸に決意を秘めて、
大好きやっためちゃイケ観てます!←今ココ

synapse.am