さ、サンタさん!!

豹兄の耳元から流れてくるロックミュージックの爆音も、車掌さんによる3度に渡る音量注意の結果、そのロックなバイブスも声を潜め、代わりに車内アナウンスが東京を告げるとそこは渋谷。
大阪→横浜間ずっとロッキンバイブスにめげることなく、新幹線にしがみついてでも渋谷まで辿り着く必要があったのには理由がある。
先月9月末に引き続き10月末にも、

『第二回大井戸サロン』

が開催される。
 
渋谷に着いた後、今回もAirbnbで予約した宿泊先にコロコロカバンをササっと置き、次に向かうは渋谷ドン・キホーテ
さらにCONA渋谷店へ。
先月から、
CONA渋谷店
大阪に帰ってCONA道頓堀店×2
CONA渋谷店と巡り、
道頓堀店ではお客さんはオール日本人やったけど渋谷店には外国人のお客さんが多い。
この雰囲気ホンマ好きやわ、CONA渋谷店。
ウインナー盛り合わせを平らげ一度道玄坂に戻ると、サロンメンバーのお米のハッシーさんから連絡が。18時頃に岐阜から渋谷に到着するとのこなので、再度CONA渋谷店にて待ち合わせ。
どんなけ好きやねん、CONA渋谷店。
2回目店に入った時はさすがに店員さん、
「えっ?(°Д°)」っていう顔してた。
30分前まで同じ席にいてたもんね。
そしてハッシーさんに一回目のサロン後からの進展や、まさに今が繁忙期の米の収穫の話しを聞かせてもらいつつ、ドン・キホーテで得た戦利品を公開。

f:id:natsunosta:20141105234234j:plain

そうです。本日の大井戸サロン2次会で出番があるかもしれないアイテム。
ただハッシーさん、ちょっと引いてましたね(^o^)
大丈夫です。僕もなんです。
ドン・キホーテのレジを並んでる時、
20歳そこらのJKやらJDやらOLやらGAL達に挟まれながらヤロー1人でこの太郎くんを持ってる時から僕も自分に引いてました(^o^)
 
 
そして来たる時を迎え、足早に19時から始まる予定の渋谷ぬくぬく屋へ。

ぬくぬく屋の門構え。カッコイイな。

舞い上がって写真撮ることも忘れてた。
第一回目は大川さん、井戸さん、サロンメンバーで16人前後で、今回は2期生の方々も含め約30人。
門をくぐり2Fへ上がる。
奥へ通されその部屋へ。
テーブルが5つに別れていて、中央テーブル真ん中に井戸さんが。
 
「おー久しぶりー」
 
 
なんでやろ。さっきまでちょっと緊張してたくせに、不思議と井戸さんの言葉が耳に届いただけで笑顔になってもーてる自分がいる。
いや、違う。言葉の影響だけじゃないか。
 

井戸さんが笑顔で言うてくれてるからや。

だからこっちも自然と笑顔になってるんや。
待てよ。そういや前回の時もよくよく思い出したら、井戸さん、お話しをされる時も聞いてくださる時もずっと笑顔やった。誰と話す時でも、どんな話しであっても、例えそれが間違っていたとしても、まずは笑顔で聞いてくださってた。
 

「いいよ。話しな」って笑顔で言ってくれてた。

しかも内容問わず、話し終わった後みんな笑顔で声を出して笑ってる。
不思議やな。
井戸さんが笑うと伝染して皆が笑ってる。
なるほど。井戸さんそりゃ皆から愛されます。
 
 
井戸さんと挨拶を終え、受付に名前を書き、
そしてテーブル中央から奥に行くと大川さんが。
 
「おー来たねー」
 
大川さんや。
この1カ月間、もしオンラインポリスというものが存在してたら間違いなくストーカー容疑で逮捕されてるくらい大川さんがオンライン上に書き記した過去の情報を追いかけ続け、それだけでは満足しきれず、その記された意味や本質をやっとご本人に直接確認出来る機会が。。。書いてて思うけど、これリアルなストーカーの行動パターンや(笑)。
 
そして、定刻の19時を回り、今回も井戸さんのMCでスタート。この前はバーカウンター越しで分からんかったけど、井戸さん、超スタイルいい。
 
そしてハッシーさんと共に大川さんの席の前を陣取り、ハッシーさんのお米の話しで盛り上がる。

大川さん、やはり屈託のない笑顔。

前回同様1カ月間溜まった邪気が洗われていきます。
 
 
そして僕からもいくつか質問させて頂き、お答えして頂けたり、逆に新たな問いを頂いたり。
 
 
 

---じ、時間の濃度がヤバい。---

 
 
 
何1つ聞き漏らすことはあるまい、という気持ちで臨んでいるせいか、例えテーブルの周りに騒音オバサンがいてたとしても「何か言ってた?(°▽°)」ってなるくらい集中してた。時計を見たら2時間弱過ぎてた。
大井戸サロン2期生の方ごめんなさい。皆さんも僕と同じように直接話したかったはずやのに、まるでSailing stoneのように動く気配がなかった。いや、動けなかった。違います、動く気がなかった。ごめんなさい。
 

でもそんなSailing stoneも動く瞬間が来た!

 
stone「大川さん、正直話します。今後のことなんですが、
僕は今までは...~省略~...みたいに考えたんですけど、前回大川さんにサロンでアドバイス頂いたことや、この1カ月間調べた内容とかも考えると、
今後は...~省略~...にしていきたいと考えてます。そうしていく為に、何かいいアドバイスはありますでしょうか?」
 
大川さん「ちょっと考える」
 
stone「はいっ!ありがとうございます!」
 
 
大川さん「・・・」
 
 
 
 
 
stone「(・・・むっちゃ考えてくれてる)」
 
 
 
 
 
大川さん「・・・」  
 
 
 
 
 
stone「(ドキドキ)」
 
 
 
 
大川さん「おさむ、東京来れる?」
 
stone「はい!東京ですか??」
 

大川さん「¥○@§%#※♯♭♪ņ‡

 

stone「えっ!?(°Д°)」

 

大川さん「‡Å♯〒※%@¥$*♭

 

おさむ「お、お願いしますっっっっ!!!!」

 
まさに、青天の霹靂。
一驚を喫するような、鳩が豆鉄砲を食らったような。
 
人生って何が起きるか分からない。
このお話しを頂いた後はさすがにもう他の席にstoneもmoveしてました。
 
愛読してる大川さん井戸さんメルマガ。
クリスマスイブの夜、夜中にサンタクロースがプレゼントを届けてくれるのを信じながらベッドの脚に大っきい靴下をブラ下げて眠りにつく子供のような気持ちで、いつもメルマガが届くのを楽しみに待っている。
そんな僕にとってはサンタクロースのようなお二方が主催されてる大井戸サロン。
今回はこの大井戸サロンからプレゼントのような素敵なご提案を頂けました。
僕のベットに用意してた靴下には入りきらない程の大きいプレゼントでした。
期待してた以上に嬉しい嬉しいプレゼントでした。
時期尚早やけど、
 

さ、サンタさん、

ありがとうございます!!\(^o^)/

 f:id:natsunosta:20141106011624j:image
 
そして時計が22時を回り、第二回大井戸サロンは井戸さんのMCにて修了。

井戸さん、最後ももちろん笑顔やった。

その後今回は2次会としてポーカーを主催してくださってたので、各自各々で移動。ポーカーの場所はとある場所の、むちゃくちゃオシャレな空間でした。ドン・キホーテの戦利品は世に出ることはありませんでした。

 

 
前回のサロンでは頂いたアドバイスで頭の方向の舵を切れて、今回のサロンでは、頭と一緒に体ごと舵を切れることになりました。
去年の4月から独立して始めた代理店業務はここで休業。
頂いたご提案に迷う選択肢なんてなかった。
自分の中に明確な理由があったから、
行く?or 行く?の選択肢。
他の選択肢は必要なかった。
自分自身驚愕の展開で驚いてるけど、
この方向は間違ってない。
そう思える、
第二回大井戸サロンでした。←今ここ!