豹兄

新大阪駅にて。
新幹線で東京に向かう為、ホームに上がり13号車の入り口目指して黄色い線の内側を歩いてたら、前に髪型が豹に彩られたお兄ちゃんが大きいボストンバッグをぶら下げてたたずんでる。
http://beauty.hotpepper.jp/smartphone/slnH000059125/style/L000426665.html
目線の先には東京行きの電光掲示板を見てる。
マジかー。豹の髪型ってオシャレ過ぎる。東京行くの?と口に出すことなく脳内で尋ねがら、でもまさかこの豹兄が隣に座ることになったら、なんかあれやなートイレ行く時にすいませんって言いにくいなー嫌やなーしばかれたくないなーとか思ってたら、豹兄が動き出し、エスカレーターで下に。
そうか。新大阪がゴールやったんやね。
サヨナラ、豹兄。良い旅を!(高城 剛ふう)

f:id:natsunosta:20141028125351p:plain

と、豹兄を心の中で見送りながらテクテク歩いてたら、次はめちゃめちゃ美人のお姉さんが歩いてて、13号車の入り口で新幹線を待つ行列に参加。
13号車。一緒やんか。
そうか、あなたも東京へ行くのね。いいよいいよ。
彼氏と会いに行くのかな?
それともモデルとして東京デビューが決まったのかな?
今から乗る新幹線は僕のものではないけれど、なんなら僕の隣の席を開けるから、東京着くまで色々話そうか?付き合うよ。とか考えながら僕もその行列に参加。新幹線到着。
コロコロカバンを押しながらお姉さんを追いかけるように新幹線の中にinし、再度チケットを確認し、僕の席は14番E。
f:id:natsunosta:20141028124724j:plain
お姉さんは14番の席を颯爽とスルー。
あららー、残念。
と心の底で涙を流し隣の席にあたる14番Dを目視したら
すでに人が座ってるのを確認。


ん?

ひょ、豹兄やないか!!!(°Д°)←今ここ